ショパンの名曲 ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ2

講談社現代新書
ショパンノメイキョクピアノノメイキョクキキドコロヒキドコロ2
  • 電子あり
ショパンの名曲 ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ2
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ピアノファン、ショパンファン待望の1冊! 「エチュード」「バラード」「マズルカ」「ポロネーズ」・・・。世界最高峰、ロシアピアニズムの伝統を引き継ぐ女性ピアニストが、ショパン代表的な名曲を平易に解説。プロにしかわからないユニークな視点が満載、この本を読めば音楽鑑賞の楽しみが倍増すること間違いなし。アマチュアピアニストへのヒントも一杯。全てのクラシック、ピアノ音楽ファンにお勧めです!
著者は、作曲家は基本的に演奏家に親切だといいます。こうしてほしいということは、楽譜の何気ない指示にすべて書き込まれているからです。
プロの見方を知ることで、ピアノを弾く人にはもちろんのこと、ただ聴くのが好きなだけの人も、音楽鑑賞の楽しみがよりいっそう深まること間違いなしの1冊です。

製品情報

製品名 ショパンの名曲 ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ2
著者名 著:イリーナ・メジューエワ
発売日 2021年05月19日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-522543-1
通巻番号 2619
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:イリーナ・メジューエワ(イリーナ・メジューエワ)

イリーナ・メジューエワ
ロシアのゴーリキー(現ニジニー・ノヴゴロド)生まれ。5歳よりピアノを始め、モスクワのグネーシン特別音楽学校とグネーシン音楽大学(現ロシア音楽アカデミー)でウラジーミル・トロップに師事。一九九二年ロッテルダムで開催されたE.フリプセ国際コンクールでの優勝をきっかけに、オランダ、ドイツ、フランスなどで公演を行う。
一九九七年からは日本を本拠地とし、二〇〇六年からは毎年京都でリサイタルを開くなど、バロック、古典派から近・現代にいたる作品までの幅広いレパートリーにより、精力的な演奏活動を展開している。
二〇〇六年度青山音楽賞受賞。二〇一五年、第27回ミュージック・ペンクラブ音楽賞(クラシック部門、独奏独唱部門賞)を受賞。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る