移動・交易・疫病 命と経済の人類全史

星海社新書
イドウコウエキエキビョウイノチトケイザイノジンルイゼンシ
移動・交易・疫病 命と経済の人類全史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

移動と疫病で人類史を捉え直せば、アフターコロナが見えてくる!コロナ禍でロックダウンや外出制限が日常となり、人の移動が激減した世界。それは、時にはパンデミックと戦いながら、人の移動が加速することで経済や文化を発展させてきた人類史の中で、決定的なターニングポイントだった。人類の出アフリカから大航海時代、21世紀のグローバリゼーションまで、人々が移動し交易することで世界がどう変わったのかを振り返り、リモート時代の意味を人類史の流れから捉え直す、アフターコロナ時代の「命」と「経済」のジレンマを考える上で必読の一冊!

製品情報

製品名 移動・交易・疫病 命と経済の人類全史
著者名 著:玉木 俊明
発売日 2020年11月27日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-521929-4
通巻番号 171
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:玉木 俊明(タマキ トシアキ)

経済史学者。1964年生まれ。1993年同志社大学大学院文化史学専攻博士後期課程単位取得退学ののち、2009年「北方ヨーロッパの商業と経済 1550ー1815年」で大阪大学文学博士。現在は京都産業大学経済学部教授。専門は近代ヨーロッパ経済史で、独自の資本主義論をもとにした一般向けの歴史書を多数刊行している。著書に『近代ヨーロッパの誕生』(講談社選書メチエ)、『ヨーロッパ覇権史』(ちくま新書)、『〈情報〉帝国の世界史』(講談社現代新書)、『ダイヤモンド 欲望の世界史』(日本経済新聞出版社)など多数、訳書にヤコブ・アッサ『過剰な金融社会:GDPの計算は正しいのか』(知泉書館)など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス