コロナの時代を生きるためのファクトチェック

コロナノジダイヲイキルタメノファクトチェック
  • 電子あり
コロナの時代を生きるためのファクトチェック
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時事YouTuber たかまつなな氏、推薦!
「アメリカ大統領やインフルエンサー、大手メディアが嘘をつく時代。情報が洪水のように溢れる今だからこそ、若い人が読むべき必読書。もう、嘘の情報を拡散させない!」

日々、更新され、洪水のようにあふれかえる新型コロナウイルス関連のニュースや噂。しかし、覚えていますか? 「トイレットペーパーの原料は中国産が大半だから、輸入が途絶えて日本に流通しなくなる」という噂を信じた人々がドラッグストアに詰めかけた様子を。「お湯を飲めば、高温に弱いコロナウイルスを退治できる」という珍説を信じて実行した人たちがいたことを。
この本でお伝えするのは、ニュースや新聞、あるいはネットから流れてきた情報が、はたして正しいのか、間違っているのかを見極めようとする技術であり、態度です。情報の真偽を確かめる「ファクトチェック」を身につけることは、コロナと共生する社会を生きるうえで必須となります。その訓練ができていないがゆえに、人々は、自ら判断することなくニュースや噂話に振り回されてしまうのです。
本書を書いたのは、日本で最初のファクトチェックを目的とした団体「ファクトチェック・イニシアティブ・ジャパン」を立ち上げた、元NHK記者の立岩陽一郎氏です。立岩氏はこの本を、若者たちに向けて書きました。コロナウイルスの影響は、いつ終息するのかはっきりとわかりません。さらにいえば、これから先、新たな未知の病が発生したり、これまで想像もしなかったかたちでの国家間トラブルが起きたりと、困難な時代が続く可能性は高いです。そうであるからこそ、「ファクトチェック」のテクニックは、これからを生きる若者たちが身につけるべきサバイバル術となります。
ベストセラー『ファクトフルネス』(日経BP)の手法を、いまや全国民の関心事となったコロナウイルスにまつわる情報に当てはめて考え、これまで人々を混乱させたニュースたちが本当だったのか、デタラメだったのか、わかりやすく伝えていきます。

目次

はじめに

第1章 新型コロナ上陸後、最初の混乱
 中国・武漢の研究所は「発生源」だったのか?/感染が拡大し始めたころの混乱

第2章 PCR検査をめぐる「嘘」と「ホント」
 混乱を拡大させた「PCR検査の数が増えない理由」/
 「東京オリ・パラのためにPCR検査をしなかった」説を追う/
 医療従事者への差別を生む悪質ツイートの発信源

第3章 権力者たちは「科学的な根拠」をもって発言したのか
 総理大臣の発言をファクトチェック/日本の「民度」は高いのか?

第4章 それは研究結果ですか? あなたの意見ですか?~識者とメディアの問題~
 PCR検査を否定する顔の売れた教授/「コロナウイルスは高温多湿に弱い」と言ったのは?/
 朝日新聞の記事に見る「資料引用」の作法

第5章 海外で誤解され続けるニッポンのコロナ事情
 海外で情報拡散される日本の著名人たち/海外発 日本にまつわるトンデモニュース

ファクトチェックとは何か

おわりに

製品情報

製品名 コロナの時代を生きるためのファクトチェック
著者名 著:立岩 陽一郎
発売日 2020年12月10日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-521808-2
判型 四六
ページ数 194ページ

著者紹介

著:立岩 陽一郎(タテイワ ヨウイチロウ)

1967年、神奈川県生まれ。1991年、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクを務め、各国の首脳や富裕層らによる税金逃れを記録した機密文書「パナマ文書」の取材に中心的に関わった後に退職。在職中に留学した米ワシントンDCのアメリカン大学での客員研究員を経て、調査報道とファクトチェックを専門とする「インファクト」を設立して編集長に就任。著書に『トランプ王国の素顔』『ファクトチェック最前線』(ともに、あけび書房)、『NPOメディアが切り開くジャーナリズム 「パナマ文書」報道の真相』(新聞通信調査会)、『トランプ報道のフェイクとファクト』(かもがわ出版)。共著に『ファクトチェックとは何か』(岩波ブックレット)、『フェイクと憎悪』(大月書店)がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る