大仏師運慶 工房と発願主そして「写実」とは

講談社選書メチエ
ダイブッシウンケイコウボウトホツガンシュソシテシャジツトハ
大仏師運慶 工房と発願主そして「写実」とは
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鎌倉時代の大仏師、運慶とはいかなる存在だったのか。
定朝を祖とする正系仏所三派中の奈良仏師に連なる運慶。
朝廷・幕府という二元的権力構造による時代の大きな変動期、
院・天皇・将軍・御家人など各種パトロン層の依頼を受けて
東大寺・興福寺の復興、円成寺・願成就院などの様々な造像に
関わった実情と、工房主宰者としての実力とは?
後に「霊験仏師」「天才」とも冠されることになる運慶の実像に迫る。

目次

  • 第一章 造像と仏師
  • 第二章 運慶論の形成と鎌倉時代彫刻史
  • 第三章 「運慶作」の実情――仏像の制作と工房
  • 第四章 背景としての社会構造と造像及び仏師――運慶はいかなる存在か
  • 第五章 鎌倉新様式とは――「写実的」表現と本覚思想
  • 第六章 運慶の事績上の問題点

製品情報

製品名 大仏師運慶 工房と発願主そして「写実」とは
著者名 著:塩澤 寛樹
発売日 2020年09月11日
価格 定価 : 本体1,750円(税別)
ISBN 978-4-06-521165-6
通巻番号 732
判型 四六
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:塩澤 寛樹(シオザワ ヒロキ)

1958年、愛知県生まれ。1982年、慶應義塾大学文学部哲学科美学美術史学専攻卒業。
現在、群馬県立女子大学教授。博士(美学、慶應義塾大学)。専門は日本美術史、日本彫刻史。特に鎌倉時代の仏教彫刻史、肖像彫刻史の研究を深めている。
主な著書に『鎌倉時代造像論――幕府と仏師』『鎌倉大仏の謎』『仏師たちの南都復興』(以上、吉川弘文館)などがある。共監修に「日本の仏像」1ー50号(講談社)がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス