シリアで猫を救う

シリアデネコヲスクウ
  • 電子あり
シリアで猫を救う
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

シリアの商業都市アレッポに生まれ、電気技師として働いていたアラー・アルジャリールさんは、内戦が激化するなか、負傷者や市街地に取り残された猫の救出活動を開始します。
その活動は、報道をつうじて世界中の人たちに知られるようになります。
そしてFacebookでつながった人たちからの支援を受けて、「サンクチュアリ」と呼ばれる猫の保護施設をつくり、空爆で傷ついた猫たちを保護していきます。
自らの危険もかえりみず、人間やどうぶつたちの命を必死に守るアラーさんの活動をつうじて、シリア内戦の悲惨な現実、戦争の愚かさを訴えかけます--。

製品情報

製品名 シリアで猫を救う
著者名 著:アラー・アルジャリール with ダイアナ・ダーク 訳:大塚 敦子
発売日 2020年10月22日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-521074-1
判型 四六
ページ数 230ページ

著者紹介

著:アラー・アルジャリール with ダイアナ・ダーク(アラー・アルジャリール ウィズ ダイアナ・ダーク)

アラー・アルジャリール
シリアの電気技師。激戦地アレッポで負傷者や動物たちの救助活動を続ける。

ダイアナ・ダーク
イギリス在住のジャーナリスト。

訳:大塚 敦子(オオツカ アツコ)

大塚敦子
1960年和歌山市生まれ。上智大学文学部英文学学科卒業。パレスチナ民衆蜂起、湾岸戦争などの国際紛争を取材を経て、死と向きあう人々の生き方、自然や動物との絆を活かして、罪を犯した人や紛争後の社会を再生する試みなどについて執筆。
『さよなら エルマおばあさん』(小学館)で、2001年講談社出版文化賞絵本賞、小学館児童出版文化賞受賞。『〈刑務所〉で盲導犬を育てる』(岩波ジュニア新書)、『はたらく地雷探知犬』(講談社青い鳥文庫)、『ギヴ・ミー・ア・チャンス 犬と少年の再出発』(講談社)、『いつか帰りたい ぼくのふるさと 福島第一原発20キロ圏内から来たねこ』(小学館)など著書多数。
ホームページ:www.atsukophoto.com

オンライン書店で見る