江戸は浅草3 桃と桜

講談社文庫
エドハアサクサ3モモトサクラ
  • 電子あり
江戸は浅草3 桃と桜
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸の女は深情け。
しかし、駄目男にかける情もなし――。

流れ着いた真一郎は下町長屋で何を見つけるのか。

大注目の女性時代作家、筆ますます冴え渡る!

ーーー

橋場町の川沿いで猫の桃を探していた
真一郎に人殺しの疑いがかけられた!?
番屋に囚われたなか、疑いを晴らすべく仲間と奔走する(「桃と桜」)。

矢師兼用心棒の真一郎や笛師の大介、謎めいた美女・多香など、
江戸下町の人情と色恋が事件となって顔を出す――。

共感必至の筆致で描かれる人気時代小説シリーズ!(書下ろし)

©Misaki Chino 2020

製品情報

製品名 江戸は浅草3 桃と桜
著者名 著:知野 みさき
発売日 2020年10月15日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-520953-0
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:知野 みさき(チノ ミサキ)

1972年生まれ、ミネソタ大学卒業、カナダBC州在住。2012年『鈴の神さま』でデビュー。同年『妖国の剣士』で第4回角川春樹小説賞受賞。「上絵師・律の似面絵帖」シリーズでブレイクした注目時代作家。

オンライン書店で見る