満州事変 戦争と外交と

講談社学術文庫
マンシュウジヘンセンソウトガイコウト
  • 電子あり
満州事変 戦争と外交と
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

泥沼の十五年戦争は、なぜ、どのように始まったのか? 端緒である1931年の満州事変と翌1932年の上海事変は、中国北洋軍閥間の争いの混乱に乗じた前者、民族的抵抗の形成を見た後者と、それぞれ異なる性格を有している。両者について経緯を詳述し、さらに5年後の盧溝橋事件による全面戦争展開へつながる時代の流れを示す。その時内閣は、軍部は、日本の世論は、列国や国際連盟の反応は、両国各部隊の進路は――? イデオロギーを排し、史実のみを丹念に追うことで中国侵略の発端の全貌を明らかにする、近代史研究における古典的名著。(原本:中公新書、1974年刊)

目次

1 緊迫する中国東北地方
   プロローグ――共産軍の長沙占領
   満鉄包囲網の形成
   国民党と関東軍
   万宝山事件および中村大尉殺害事件

2 陰謀をめぐって
   九・一八事件
   東京――若槻内閣
   張学良と蒋介石
   列国の反応

3 拡大する戦火
   錦州爆撃
   十三対一――期限付撤兵
   天津事件とチチハル攻略
   幣原外交の終焉
   スチムソン・ドクトリン――不承認方針

4 新しい戦争
   上海
   一・二八――陸軍の上海派兵
   注視する列国
   中国軍の抵抗――上海戦の終結
   エピローグ――玉と鏡と剣

製品情報

製品名 満州事変 戦争と外交と
著者名 著:臼井 勝美
発売日 2020年09月11日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-520923-3
通巻番号 2626
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1974年に中公新書として刊行されました。

著者紹介

著:臼井 勝美(ウスイ カツミ)

1924年栃木県生まれ。京都大学文学部史学科卒業。専攻は日本近代史。外務省勤務ののち電気通信大学助教授、九州大学助教授、筑波大学教授などを経て現在、筑波大学名誉教授。著書に『日本と中国――大正時代』『日中外交史――北伐の時代』『日中戦争』『満州国と国際連盟』など。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

書店在庫を見る

オンライン書店で見る