花の下にて春死なむ 香菜里屋シリーズ1〈新装版〉

講談社文庫
ハナノモトニテハルシナムカナリヤシリーズ1シンソウバン
  • 電子あり
花の下にて春死なむ 香菜里屋シリーズ1〈新装版〉
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人生に必要なのは、
とびっきりの料理とビール、
それから、ひとつまみの謎。

三軒茶屋の路地裏にたたずむ、ビアバー「香菜里屋」。
この店には今夜も、大切な思いを胸に秘めた人々が訪れる――。

優しく、ほろ苦い。
短編の名手が紡ぐ、不朽の名作ミステリー!
第52回日本推理作家協会賞 短編および連作短編集部門受賞作

解説 瀧井朝世


春先のまだ寒い夜。ひとり息を引き取った、俳人・片岡草魚。
俳句仲間でフリーライターの飯島七緒は、孤独な老人の秘密を解き明かすべく、
彼の故郷を訪れ――(表題作)。
バー「香菜里屋」のマスター工藤が、客が持ち込む謎を解く連作短編ミステリー。

製品情報

製品名 花の下にて春死なむ 香菜里屋シリーズ1〈新装版〉
著者名 著:北森 鴻
発売日 2021年02月16日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-520809-0
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は2001年12月、小社より講談社文庫として刊行されたものの新装版です。

著者紹介

著:北森 鴻(キタモリ コウ)

1961年山口県生まれ。駒澤大学文学部歴史学科卒業。’95 年『狂乱廿四孝』で第6回鮎川 哲也賞を受賞しデビュー。’99 年『花の下にて春死なむ』(本書)で第 52 回日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門を受賞した。他の著書に、本書と『桜宵』『螢坂』『香菜里屋を知っていますか』の〈香菜里屋〉シリーズ、骨董を舞台にした〈旗師・冬狐堂〉シリーズ 、民俗学をテーマとした〈蓮丈那智フィールドファイル〉シリーズなど多数。2010 年 1月逝去。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る