朝鮮仏教史

講談社学術文庫
チョウセンブッキョウシ
  • 電子あり
朝鮮仏教史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

四世紀後半、朝鮮半島へ主として中国から伝わったとされる仏教。
高句麗・百済・新羅の王たちは新しい思想をどのように受け入れたのか。
またその後の王権と社会は仏教の影響のもとでどんな文化を形成していったのか。
崇拝と排斥、求道と教学、独自の哲学の錬磨、宗派の流れなど、
東アジア仏教圏の中でも独特の道を歩んだ朝鮮仏教の歴史を総覧する。

目次

  • 第一章 古代三国の仏教
  • 第二章 統一新羅の仏教
  • 第三章 高麗の仏教
  • 第四章 李朝の仏教
  • 第五章 韓国の仏教

製品情報

製品名 朝鮮仏教史
著者名 著:鎌田 茂雄
発売日 2020年08月11日
価格 定価:1,298円(本体1,180円)
ISBN 978-4-06-520778-9
通巻番号 2624
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1987年に東京大学出版会より刊行されました。

著者紹介

著:鎌田 茂雄(カマタ シゲオ)

1927年神奈川県生まれ。駒澤大学仏教学部卒業。東京大学大学院博士課程修了。
東京大学東洋文化研究所教授、国際仏教学大学院大学教授などを歴任。専攻は中国・朝鮮仏教史。
文学博士。学士院賞受賞。2001年没。主な著書に『般若心経講話』『華厳の思想』『維摩経講話』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る