5G 大容量・低遅延・多接続のしくみ

ブルーバックス
ファイブジーダイヨウリョウテイチエンタセツゾクノシクミ
  • 電子あり
5G 大容量・低遅延・多接続のしくみ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「5Gは何が新しいのでしょうか?

いまどきCPUの世代が変わったからパソコンを買い換えようと思う人はけっこうなマニアで、仕事に支障が出なければ壊れるまで使い続ける人も多いでしょう。

スマートフォンでも、多くの人は“伝送速度が速くなっても関係ない”と同じ機種を今の回線のまま使い続けるようになるのでしょうか」(本書より)

【伝送速度→下りで20Gbps、上りで10Gbps】
【待ち時間→1ミリ秒】
【接続密度→1平方キロメートルあたり、1000000台】

このように規格を定められた「5G」。いよいよ本格的にサービスが開始されるが、その本領は「伝送速度」にあるのではない。
残りの2つ「待ち時間」「接続密度」にある。
5Gが4Gと根本的に異なるのは、タイムロスなく無数の端末に接続できることで、「移動通信システムをスマートフォン以外のものへ解放する役割」を持っているということなのだ。

スマートフォンを超え、自動運転システムをはじめとするあらゆる設備に、遅延なく大容量の通信ができる――。
どうしてそのようなことが可能になったのか。
「そもそも携帯電話がつながる理由」からはじめ、通信技術の本質がわかるよう、平易に解説する決定版。

目次

  • 第0章 「電波」とはなんだろう
  • 第1章 携帯電話がつながるしくみ
  • 第2章 携帯電話の「世代」とは何なのか
  • 第3章 3G――国際標準規格が採用されたけど
  • 第4章 4G――スマホの普及にシステムの進化が追いつかない
  • 第5章 5G――移動通信システムの「解放」
  • 第6章 その先にあるリスク
  • 〈コラム〉 電波が「強い」とはどういうことか/積極的なタイプはすぐ乗り換える?/「すりーじー」の謎/WiMAXとラストワンマイル問題/6Gに必要な7つめの条件/「移動」が贅沢品になる世界へ

製品情報

製品名 5G 大容量・低遅延・多接続のしくみ
著者名 著:岡嶋 裕史
発売日 2020年07月16日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-520495-5
通巻番号 2144
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:岡嶋 裕史(オカジマ ユウシ)

(おかじま・ゆうし)
中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程修了。博士(総合政策)。富士総合研究所、関東学院大学准教授、同大学情報科学センター所長などを経て、現在は中央大学国際情報学部教授、学部長補佐。専門分野は情報ネットワーク、情報セキュリティ。
朝日新聞出版「大学ランキング2016」メディアへの発信度(教員:書籍)で8位。
著書『ブロックチェーン』『セキュリティはなぜ破られるのか』『構造化するウェブ』(講談社ブルーバックス)ほか、NHKテキストや技術教本、ライトノベルなど、執筆活動は多岐にわたり180冊を超える。

オンライン書店で見る