霊視刑事夕雨子1 誰かがそこにいる

講談社文庫
レイシケイジユウコ1ダレカガソコニイル
  • 電子あり
霊視刑事夕雨子1 誰かがそこにいる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

刑事夕雨子はいつも首元にストールを欠かさない。お洒落のため? いや、これを巻かないと、寒気と共に常に死者が話しかけてくるからだ。「祖母譲りの特殊能力を活かしたい」と、この仕事に就いたが体力を消耗する霊視には、未だまったく慣れないのだった。浮かばれない死者たちの声は、ある時は怒りに震え、ある時は悲しみに沈んでいり。事件の本当の真相は、彼らの声を聞かずにはわからない――意外な結末がスリリングな、エンタメ女性刑事シリーズ、開幕!

製品情報

製品名 霊視刑事夕雨子1 誰かがそこにいる
著者名 著:青柳 碧人
発売日 2020年07月15日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-520206-7
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:青柳 碧人(アオヤギ アイト)

1980年、千葉県生まれ。早稲田大学クイズ研究会出身。2009年『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞してデビュー。一躍人気となりシリーズ化される。2020年、『むかしむかしあるところに、死体がありました。』本屋大賞ノミネート。

オンライン書店で見る