笑う女 大江戸閻魔帳(四)

講談社文庫
ワラウオンナオオエドエンマチョウ4
  • 電子あり
笑う女 大江戸閻魔帳(四)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

霧雨に濡れて逃げた女は、なぜ笑ったのか?

「優しい女」が犯した亭主殺しの真相。戯作者麟太郎、涙の探索。

霧雨舞う中、傘も差さずに駆け出してきた年増女に行き合った、戯作者の青山麟太郎。
馴染みの下っ引・亀吉によれば、女は通旅籠町の裏長屋で亭主を殺し、姿を消したおきぬだという。
評判の良い仲居だったおきぬには、しかし人知れぬ別の顔があった。
哀しき運命に弄ばれた女を、麟太郎が追う!<文庫書下ろし>

©Kunio Fujii

製品情報

製品名 笑う女 大江戸閻魔帳(四)
著者名 著:藤井 邦夫
発売日 2020年05月15日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-519663-2
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:藤井 邦夫(フジイ クニオ)

1946年、北海道旭川生まれ。テレビドラマ「特捜最前線」「水戸黄門」などの脚本家、監督を経て、2002年に作家デビュー。以降、多くの時代小説を手がける。「新・秋山久蔵御用控」「新・知らぬが半兵衛手控帖」「御刀番 左京之介」「江戸の御庭番」などのシリーズがある。

オンライン書店で見る