空海の哲学

講談社現代新書
クウカイノテツガク
  • 電子あり
空海の哲学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本仏教の最高峰、その思想の核心に迫る!

「世界的に見ましても、アリストテレスとかレオナルド・ダ・ヴィンチというような人と比べて、むしろ空海のほうが幅広い。また当時までの日本の思想・文化の発達状況を見ますと、思想・芸術、それに学問・技術の分野で時流に抜きん出ていた」――湯川秀樹

密教の伝導者にして、書の達人。庶民のための学校を開設し、満濃池の工事をおこなう社会活動家。
日本文化に大きな影響を与えた空海。その核心は、即身成仏にあった!

曼荼羅思想が指し示す、自己、そして他者とは?
「即身成仏」の四字に籠められた、空海の人間観・世界観とは?
空海の思想の今日性を描く決定版!

【本書の内容】
はじめに 今、なぜ空海の哲学なのか
第一章 空海の生涯と著作
第二章 密教に至る仏教史――顕教から密教へ    
第三章 仏教における「即身成仏」の思想史
第四章 空海の密教思想
第五章 空海の即身成仏思想
第六章 「即身成仏」の教証――『即身成仏義』を読む 一
第七章 六大無礙の真意――『即身成仏義』を読む 二
第八章 三密加持の実相――『即身成仏義』を読む 三
第九章 曼荼羅世界の風光――『即身成仏義』を読む 四
第一〇章 『即身成仏義』の本旨 

製品情報

製品名 空海の哲学
著者名 著:竹村 牧男
発売日 2020年03月18日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-519134-7
通巻番号 2567
判型 新書
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る