つたえたい美しい日本の詩(こころ)シリーズ 金子みすゞ詩集 こころ

絵本
ツタエタイウツクシイニホンノココロシリーズカネコミスズシシュウココロ
つたえたい美しい日本の詩(こころ)シリーズ 金子みすゞ詩集 こころ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「つたえたい美しい日本の詩(こころ)」シリーズの第一集。「こだまでしょうか」など、だれもが耳にしたことがある金子みすゞの詩。やさしいことばで深いメッセージを発する金子の詩の世界と、日本を代表する絵本作家の一人であるいもとようこの作品世界が強く響きあった一冊。金子みすゞの詩絵本。没後90年、あらためて金子みすゞの作品の魅力にふれたい──。

製品情報

製品名 つたえたい美しい日本の詩(こころ)シリーズ 金子みすゞ詩集 こころ
著者名 著:金子 みすゞ 絵:いもと ようこ
発売日 2020年01月30日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-518373-1
判型 B12取
ページ数 32ページ
シリーズ 講談社の創作絵本
初出 詩は、「金子みすゞ童謡全集」(JULA出版局)より転載。一部をのぞき、現代仮名づかい、現代表記に改め、総ルビとした。「犬」の「学校」のルビ、「こだまでしょうか」の「遊ぶ」のルビ、「不思議」の「誰に」のルビと「たれも」は出典どおりとした。

著者紹介

著:金子 みすゞ(カネコ ミスズ)

1903年4月11日、山口県大津郡仙崎村(現在の長門市仙崎)に生まれる(本名、テル)。3歳で父を亡くすが、母や祖母や兄の心遣いで明るく育ち、瀬戸崎尋常小学校、大津高等女学校を卒業する。物静かだが、好奇心旺盛で読書好きな少女だった。1923年、上山文英堂書店で働き始める。書店員の仕事のかたわら、ペンネーム「みすゞ」で童謡を書き、投稿を始める。雑誌『童話』等の誌上で西條八十に認められ、若き童謡詩人たちの憧れの星となっていく。1930年3月10日、26歳の生涯を閉じた。その後、作品は埋もれたが、1982年に、矢埼節夫の長年の努力により遺稿集が見つかり、没後五十余年を経て出版され、世に知られることになった。

絵:いもと ようこ(イモト ヨウコ)

いもと ようこ
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油画科卒業。貼り絵の手法による、心あたたまる世界は、幼児からおとなまで、幅広く愛されている。『ねこの絵本』(講談社)『そばのはなさいたひ』(佼成出版社)で、ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこ うたの絵本1』(講談社)で、同グラフィック賞受賞。その他、『とんとんとんの こもりうた』『いとしの犬 ハチ』「あかちゃんのためのえほん」シリーズ、『子どもとお母さんのためのお話』『子どもとお母さんのための童謡』(いずれも講談社)、「大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本」シリーズ(金の星社)など、多くの作品がある。

おすすめの本

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス