宇宙の終わりに何が起こるのか

ウチュウノオワリニナニガオコルノカ
  • 電子あり
宇宙の終わりに何が起こるのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この宇宙は必ず終わる。──いつ、どうやって!?
「万物が究極的に破壊される」瞬間を描く5つのシナリオとは?

19ヵ国で翻訳!
話題の最新宇宙論に待望の邦訳登場!

〈最新理論が予言する「5つの終末シナリオ」〉

1:ビッグクランチ──急激な収縮を起こし、潰れて終わる
2:熱的死──膨張の末に、あらゆる活動が停止する
3:ビッグリップ──ファントムエネルギーによって急膨張し、ズタズタに引き裂かれる
4:真空崩壊──「真空の泡」に包まれて完全消滅する突然死
5:ビッグバウンス──「特異点」で跳ね返り、収縮と膨張を何度も繰り返す

製品情報

製品名 宇宙の終わりに何が起こるのか
著者名 著:ケイティ・マック 訳:吉田 三知世
発売日 2021年09月10日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-517479-1
判型 四六
ページ数 370ページ

著者紹介

著:ケイティ・マック(ケイティ マック)

ケイティ・マック(Katie Mack)
ノースカロライナ州立大学物理学科助教。宇宙の始まりから終焉まで、幅広いテーマを探究する理論宇宙物理学者。銀河の形成やブラックホール、コズミックストリングといった専門分野の研究に従事するかたわら、一般市民に向けた科学啓発活動に熱心に取り組む科学コミュニケーターとしても知られる。2009年にプリンストン大学で博士号を取得後、ケンブリッジ大学天文学研究所、メルボルン大学等を経て現職。「サイエンティフィック・アメリカン」「スレート」「スカイ&テレスコープ」「タイム」「コスモス」等でコラムニストとしても活躍するほか、ツイッター(@AstroKatie)でも情報を発信している。

訳:吉田 三知世(ヨシダ ミチヨ)

吉田三知世(よしだ・みちよ)
英日・日英翻訳者。京都大学理学部卒業後、技術系企業での勤務を経て翻訳家に。訳書に、フランク・ウィルチェック『物質のすべては光』、グレアム・ファーメロ『量子の海、ディラックの深淵』、ランドール・マンロー『ホワット・イフ?』(いずれも早川書房)、レオン・レーダーマン他『詩人のための量子力学』(白揚社)、ザビーネ・ホッセンフェルダー『数学に魅せられて、科学を見失う』(みすず書房)など多数。訳書のジョージ・ダイソン『チューリングの大聖堂』(早川書房)が第49回日本翻訳出版文化賞を受賞。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る