四国・九州ライン 全線・全駅・全配線 第3巻 北九州・筑豊エリア

シコクキュウシュウラインゼンセンゼンエキゼンハイセンキタキュウシュウチクホウエリア
著・編:川島 令三
四国・九州ライン 全線・全駅・全配線 第3巻 北九州・筑豊エリア
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

九州鉄道の歴史と未来を配線図から読み解く!

<特集>
(1)高台から望む北九州鉄道絶景
(2)貴重な取材資料で再現する配線図今昔

<配線図>
●JR鹿児島本線(門司港─吉塚間)
●JR日豊本線(小倉─行橋間)
●西日本鉄道貝塚線(西鉄新宮─貝塚間)
ほか

筑豊エリア往時の配線略図も大公開!
インデックスとして使える新・駅データ累計191駅を収録!!

製品情報

製品名 四国・九州ライン 全線・全駅・全配線 第3巻 北九州・筑豊エリア
著者名 著・編:川島 令三
発売日 2013年07月17日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-295162-3
判型 B5
ページ数 96ページ
シリーズ 【図説】日本の鉄道

著者紹介

著・編:川島 令三(カワシマ リョウゾウ)

川島令三(かわしま・りょうぞう)
1950年、兵庫県に生まれる。鉄道アナリスト。芦屋高校鉄道研究会、東海大学鉄道研究会を経て鉄道図書刊行会に勤務、「鉄道ピクトリアル」「電気車の科学」を編集。 現在は「鉄道アナリスト」として執筆を中心に活動中。早稲田大学非常勤講師。鉄道友の会会員。全国鉄道利用者会議会員。
著書には『全国鉄道事情大研究』シリーズ(草思社)、『新線鉄道計画徹底ガイド』 シリーズ(山海堂)、『徹底チェック』車両シリーズ、『鉄道再生論』(以上、中央書院)、『日本の鉄道名所100を歩く』『鉄道カレンダー』『至高の名列車名路線の旅』(以上、講談社+α新書)、『〈図解〉日本三大都市 幻の鉄道計画』『〈図解〉 日本三大都市 未完の鉄道路線』『〈図解〉超新説 全国未完成鉄道路線』(以上、 講談社+α文庫)、『〈図解〉新説 全国寝台列車未来予想図』(以上、講談社)などがある。