ツンドラモンスーン The cream of the notes 4

講談社文庫
ツンドラモンスーンザクリームオブザノーツ4
  • 電子あり
ツンドラモンスーン The cream of the notes 4
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なんの脈絡もなく書いているシリーズの四冊めである。著者はあの森博嗣だ――。好みのデザートから安全保障、ミステリィのトリックまで、巫山戯たような表現の中に潜んでいるまったく新たな世界観&考え方。「小説を書くほうがずっと簡単」と断言するほど練りあげられた、目からウロコのエッセィ全一〇〇篇。

目次

  • まえがき
  • 1 現代人が求める「気づき」は、「気づきたい」ことでしかない。
  • 2 「あれはカラスだよ」と言ってカラスを見ない子供たち。
  • 3 シャーロック・ホームズって、冒険してますか?
  • 4 安全保障というのは、戦争をすることだったのか。
  • 5 少年Aの手記に対する騒動について。
  • 6 「いいね」「いやだな」は自分の中で留めておいた方が良い。
  • 7 「考えていかねばならない」で結ばれている文章がとても多い。
  • 8 どんなに外れが続いても、当りの確率は高くならない。
  • 9 妬みやひがみは、人を見下した言葉で口から出る。
  • 10 「天才」を描くときの限界は、読者の理解力である。
  • 11 「老後が心配だ」と口にする人に「どうせ死ぬんですから」と言える?
  • 12 この表記はやはり変えよう、と思うことは一カ月に三回くらいある。
  • 13 報道とは、みんなが知りたいことを伝えるだけで良いのか?
  • 14 下から目線に囲まれて育った子供が、大人になって見下される。
  • 15 「未知数」が「大したことない」の意味に使われている。
  • 16 アマチュアほど、制作の途中経過を実況する。
  • 17 金銭的な格差よりも、知恵や楽しさの格差の方がずっと大きい。
  • 18 ドローンが危険だと問題になった理由は、簡単に飛ぶからである。
  • 19 ついに怖れていたことが。「新書」が「古書」の反対だと認識され始めた。
  • 20 おはぎとぼたもちは同じものではないのか。
  • 21 僕の小説を読んだだけで、理系の大学へ行きたくなるという。
  • 22 老年よ、好奇心を抱け。
  • 23 地方への移住者が増えているとのニュースを見て。
  • 24 個人情報について、本当に認識が甘い。
  • 25 「屋台が炎上」のニュースで、「屋台の何が話題に?」と思う。
  • 26 アロマが苦手。
  • 27 たとえば、と一例挙げただけで真実味が出る錯覚。
  • 28 「相手を理解する必要がある」はいつも正しいわけではない。
  • 29 フルーチェを作って感じる孤独。
  • 30 我が庭園鉄道もついに三十号機に至った。
  • 31 昨日の僕が今日の僕にプレッシャをかける。
  • 32 推論は、論理的でなければならない。
  • 33 いろいろ文句を書いているが、愚痴ではない。
  • 34 「憲法を守ろう」には二つの意味がある。
  • 35 知識は無料、発想は有料。
  • 36 自慢か謙遜かという判断はない。相手が興味を示すかどうかだ。

製品情報

製品名 ツンドラモンスーン The cream of the notes 4
著者名 著:森 博嗣
発売日 2015年12月15日
価格 定価 : 本体530円(税別)
ISBN 978-4-06-293269-1
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る