伊勢神宮と日本美

講談社学術文庫
イセジングウトニホンビ
  • 電子あり
伊勢神宮と日本美
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

節ひとつない檜材で20年ごとに建て替えられてきた伊勢神宮。その清浄で質素で力強い姿は、日本人の魂の原風景である。伊勢神宮こそが、「日本古来」の建築の原型であるとの主張がなされてきた。明治以降、国家神道となったことにより、その言説はますます強くなった。現代でさえ、古代住居の復元時に伊勢神宮にその形を求めることもある。江戸から現代に書かれた資料を徹底的に読みとき、神宮の本当の姿を解明する。


「伊勢神宮……世界的観点からみて古典的天才的な創造だ」ブルーノ・タウト
「日本固有の社殿には斗きょうもなく……極めて質素である」伊東忠太
「上代より伝へ来つた様式のまゝ天武天皇の時に再営せられたもの」関野貞
江戸時代~現代まで、日本はこの建物に何を見てきたのか?

節ひとつない檜材による伊勢神宮の神殿。その清浄で質素な姿は、仏教伝来以前の建築の原型であると主張されてきた。宣長、伊東忠太、タウト、天心、磯崎新……。「天地根元造」説、「南方」説、「長江」説、「雲南」説……。多くの研究者が、変化する時代、文化、社会状況の中で多様な説を展開した。徹底的な資料の解読で、神宮の本当の姿に肉薄する。

こんどの本では、自分なりの神宮像もうちだしている。そのなりたちに関する、歴史的な見とおしも、書ききった。傍観者席の安全地帯からは、足をふみはずしている。……この本を読んで、私とはちがう神宮論をくみたてることも、できなくはないだろう。読者が、それぞれの判断で、べつの読みときをこころみても、べつにかまわない。私の本は、読んだ人が自分なりの神宮論をひねれるところまで、つれていく。その案内役も、はたせているはずである。――<「まえがき」より>

※本書の原本『伊勢神宮 魅惑の日本建築』は、2009年に小社より刊行されました。

目次

 学術文庫版まえがき
 まえがき 裸眼の神宮論へ

第一章 雲ガ畑にそびえる千木
第二章 「天地根元宮造」の二百年
第三章 世界のなかの伊勢神宮
第四章 雲南、南洋、ツングース
第五章 黄河か長江か
第六章 弥生の神殿がうかぶまで
第七章 池上曾根の光と影

 あとがき 日本的建築様式をめぐって
 註
 主要参考文献

製品情報

製品名 伊勢神宮と日本美
著者名 著:井上 章一
発売日 2013年04月11日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-292164-0
通巻番号 2164
判型 A6
ページ数 648ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本「伊勢神宮 魅惑の日本建築」は、2009年に小社より刊行されたもの。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

オンライン書店で見る