百代の過客 日記にみる日本人

講談社学術文庫
ハクタイノカカク
百代の過客 日記にみる日本人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

円仁、貫之、孝標女、定家、宗祇、芭蕉、そして名もなき旅の遊女がつづった日記――
数百年の時をこえて「永遠の旅人」の声が聞こえる
読売文学賞・日本文学大賞 受賞作

日本人にとって日記とはなにか。平安時代の『入唐求法巡礼行記』『土佐日記』から江戸時代の『野ざらし紀行』『笈の小文』『奥の細道』まで、八十編におよぶ日記文学作品の精緻な読解を通し、千年におよぶ日本人像を活写。日本文学の系譜が日記文学にあることを看破し、その独自性と豊かさを探究した、日本文化論・日本文学史研究に屹立する不朽の名著。

そもそも私が日記に心を向けたのは、(中略)今日私が知る日本人と、いささかでも似通った人間を、過去の著作の中に見いだす喜びのためだったのである。最もすぐれた日記は、その作者を最もよく表し、逆に最もつまらぬ日記は、先人の詩歌や日記から学んだ歌枕の伝統を、ただいたずらに繰り返すのみである。日本人はいにしえより今日に至るまで、読書によって知悉する風景を己自身の目で確かめ、所の名物を己も口にすることに、格別の喜びを抱いてきた。――<本書「終わりに」より>

※本書は、1984年に朝日新聞社より刊行された同名の書籍の上下巻を合本にしたものです。

目次

  • 1 平安時代
  •   入唐求法巡礼行記、土佐日記、蜻蛉日記、御堂関白記 ほか
  • 2 鎌倉時代
  •   建礼門院右京大夫集、たまきはる、明月記、源家長日記 ほか
  • 3 室町時代
  •   大神宮参詣記、都のつと、小島の口すさみ、住吉詣 ほか
  • 4 徳川時代
  •   戴恩記、丙辰紀行、近世初期宮廷人の日記、遠江守政一紀行 ほか

製品情報

製品名 百代の過客 日記にみる日本人
著者名 著:ドナルド・キーン 訳:金関 寿夫
発売日 2011年10月13日
価格 定価 : 本体1,730円(税別)
ISBN 978-4-06-292078-0
通巻番号 2078
判型 A6
ページ数 640ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1984年に朝日新聞社より刊行された同名書籍の上下巻を合本にしたもの。初出は、1983年7月14日から1984年4月13日にかけての朝日新聞での連載。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス