自死の日本史

講談社学術文庫
ジシノニホンシ
自死の日本史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本精神の光輝と陰影を描き出し、日本人の「運命への愛(アモール・フアテイ)」を讃える
フランス最高の知性が透徹した眼差しで、日本二千年の歴史伝統に迫る

意志的に選び取られた死=自死。記紀と『万葉集』にある古代人の殉死に始まるこの風土の自死史。道真の怨霊、切腹の誕生、仏教と自死の関係を問う。『葉隠』『忠臣蔵』に表出する武士道精神と近松、西鶴が描く心中とは何か? そして近代日本が辿った運命を、芥川、太宰、三島らの作品に探る。自殺大国の謎を西欧知性が論理と慈愛で描く「画期的日本文化論」。

死の誘惑を断ち切って生き続ける力が、自分にはあるのだということを日本民族は示した。生を、平和を、労働を、日本は選んだのである。(中略)何世紀にもわたってこの日本列島の男たち、女たちを<意志的な死>に誘(いざな)ってきたさまざまな道筋を注意深く観察した結果、わたしは今でははっきりとこう言うことができる――日本人の持つあらゆる徳のなかでもひときわ優れて美しい徳はその生命力である、と。――<「日本版への序」より抜粋>

※本書の原本は1986年、筑摩書房より刊行されました。

目次

  • 日本版への序
  • 凡例
  • 第一章 カトーの≪ハラキリ≫
  • 第二章 自殺の統計学
  • 第三章 自殺社会学の歩み
  • 第四章 兆候としての自殺
  • 第五章 歴史の曙
  • 第六章 暴力の失効
  • 第七章 武芸そして死の作法
  • 第八章 捨身
  • 第九章 残酷の劇
  • 第十章 愛と死
  • 第十一章 自己犠牲の伝統
  • 第十二章 奈落の底まで
  • 第十三章 ニヒリズム群像
  • 第十四章 三島的行為

製品情報

製品名 自死の日本史
著者名 著:モーリス・パンゲ 訳:竹内 信夫
発売日 2011年06月10日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-292054-4
通巻番号 2054
判型 A6
ページ数 704ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は1986年、筑摩書房より刊行された。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!