ナポレオン フーシェ タレーラン 情念戦争1789-1815

講談社学術文庫
ナポレオンフーシェタレーランジョウネンセンソウセンナナヒャクハチジュウキュウセンハッピャクジュウゴ
  • 電子あり
ナポレオン フーシェ タレーラン 情念戦争1789-1815
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1789年の大革命から1815年のワーテルローの戦いまで、ナポレオンの熱狂情念が巻き起こした相次ぐ戦争による混乱と怒濤の30年。この偉大なる皇帝の傍らに、警察大臣フーシェ=陰謀情念と外務大臣タレーラン=移り気情念なかりせば、ヨーロッパは異なる姿になったにちがいない。情念史観の立場から、交錯する三つ巴の心理戦と歴史事実の関連を丹念に読解し、活写する。(講談社学術文庫)


情念史観で読み直す革命とナポレオンの時代。熱狂=ナポレオン、陰謀=フーシェ、移り気=タレーラン。3人の男の情念が、絡み合い、ぶつかり合い、革命からワーテルローの戦いまでの激動期を生み出した。

目次

  • 序 すべては「情念」に始まる
  • 第1章 欲望と悪徳の王国
  • 第2章 情念が歴史を変えた
  • 第3章 熱狂皇帝、ヨーロッパを席巻す
  • 第4章 誰がナポレオンを倒したのか
  • 第5章 情念戦争の「大いなる遺産」

製品情報

製品名 ナポレオン フーシェ タレーラン 情念戦争1789-1815
著者名 著:鹿島 茂
発売日 2009年08月11日
価格 定価:1,925円(本体1,750円)
ISBN 978-4-06-291959-3
通巻番号 1959
判型 A6
ページ数 608ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本「情念戦争」は、2003年集英社インターナショナルより刊行された。文庫化にあたり、一部改変し、図版を追加した。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る