知ってはいけない 隠された日本支配の構造

講談社現代新書
シッテハイケナイカクサレタニホンシハイノコウゾウ
  • 電子あり
  • イベント
知ってはいけない 隠された日本支配の構造
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 第1章 日本の空は、すべて米軍に支配されている
  • 第2章 日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある
  • 第3章 日本に国境はない
  • 第4章 国のトップは「米軍+官僚」である
  • 第5章 国家は密約と裏マニュアルで運営する
  • 第6章 政府は憲法にしばられない
  • 第7章 重要な文書は、最初すべて英語で作成する
  • 第8章 自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
  • 第9章 アメリカは「国」ではなく、「国連」である
  • 追記  なぜ「9条3項・加憲案」はダメなのか

製品情報

製品名 知ってはいけない 隠された日本支配の構造
著者名 著:矢部 宏治
発売日 2017年08月17日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-288439-6
通巻番号 2439
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:矢部 宏治(ヤベ コウジ)

(やべ こうじ)1960年兵庫県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。株式会社博報堂マーケティング部を経て、1987年より書籍情報社代表。著書に『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』(以上、集英社インターナショナル)、『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること――沖縄・米軍基地観光ガイド』(書籍情報社)、共著書に『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』(創元社)。企画編集に「〈知の再発見〉双書」シリーズ、「J.M.ロバーツ 世界の歴史・日本版」(全10巻)、「〈戦後再発見〉双書」シリーズ(以上、創元社)。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社現代新書 創刊60周年記念サイトはこちらから
https://60th.gendai-shinsho.jp/
イベント
【講談社現代新書 創刊60周年記念 特別対談!】 大澤真幸(社会学者)×千葉雅也(哲学者) 「人生が変わる「教養」――混沌とした世界を生きるために」 開催!
◆日時:2024年4月20日(土)15:00~
◆会場:Hall Mixa(東京都豊島区東池袋1-14-3 Mixalive TOKYO B2F)
◆チケット:
・来場チケット 1,500円(来場者特典付き/税別) ※各種手数料別
・配信チケット 1,000円(税別) ※各種手数料別 ※アーカイブ配信あり

※詳細につきましては、リンク先のこのイベントのお知らせページをご確認ください。
関連サイト
【動画】著者・矢部宏治インタビュー 『知ってはいけない』の著者が挑む、戦後日本の“最後の謎”とは
矢部宏治さんの新刊『知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた』(講談社)が11月14日に発売された。本作は、10万部を突破したベストセラー『知ってはいけない』の著者が、「戦後日本の“最後の謎”」を解く、衝撃の1冊。かつて占領下で結ばれた、きわめて不平等な旧安保条約――、それを対等な関係に変えたはずの「安保改定」(1960年)が、なぜ日本の主権をさらに奪いとっていくことになったのか? 「アメリカによる支配」はなぜつづくのか? 安倍首相の祖父が“日本を売った”3つの密約とは? 知ってはいけない、だが知らなくてはならない、日本に潜むいくつもの事実について、4コマまんがも用いて、わかりやすく解説している。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る