仏教の真実

講談社現代新書
ブッキョウノシンジツ
  • 電子あり
仏教の真実
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

釈迦がほんとうに伝えたかったこと。●釈迦は霊魂の存在をいかにとらえたか?●「人生は苦」とはどういうことか?●往生、仏滅、渡世の本来の意味とは? 神と仏の違いとは? 愛とは、苦とは、煩悩とは? 現代日本で常識のように考えられている思想、習慣、言葉の本来の意味を平易に解説。(講談社現代新書)


釈迦がほんとうに伝えたかったこと
●釈迦は霊魂の存在をいかにとらえたか?
●「人生は苦」とはどういうことか?
●往生、仏滅、渡世の本来の意味とは?

神と仏の違いとは? 愛とは、苦とは、煩悩とは?
現代日本で常識のように考えられている思想、習慣、言葉の本来の意味を平易に解説。

目次

  • 第一章 ブッダとは何か
  •  1 ブッダという人間
  •  2 人類の教育者ブッダ
  •  3 ブッダもゴッドも愛を説く
  • 第二章 釈迦は人の道を説いたにすぎない
  •  1 ブッダになる道を説いた
  •  2 悪いことを「しない」の真意
  •  3 最上の人の道は八つだけ
  •  4 生まれつきの悪人はいない
  •  5 尽くすと愛するが人の道の基本
  • 第三章 釈迦がさとった道理
  •  1 生まれたものは必ず死ぬ
  •  2 人生は思うようにならない
  •  3 私のものはなにもない
  •  4 世間は寄り合い、依り合いの場所
  •  5 さとりとは道理がわかること
  • 第四章 身と心の問題
  •  1 身は物質の集まり
  •  2 体は汚物の詰まった皮袋
  •  3 心は得体のしれぬ風来坊
  •  4 煩悩は心の汚れ
  •  5 欲と煩悩は同じではない
  • 第五章 まちがった日本仏教の風習
  •  1 釈迦は火を祭らなかった
  •  2 釈迦は水で身を清める行事をしなかった
  •  3 「なまぐさ坊主」は肉食の僧ではない
  •  4 釈迦は数珠を使わなかった
  •  5 出家のほんとうの意味
  •  6 仏像は心のよりどころ
  • 第六章 誤用されている仏教語
  •  1 往生は成仏することではない
  •  2 無学は「学がない」ではない
  •  3 仏滅は仏の死ではない
  •  4 恍惚は禅の境地に近い
  •  5 道場とはマンダラのこと
  •  6 天国は極楽浄土ではない
  •  7 渡世人は解脱した人である
  •  8 極道者は道を極めた者である
  •  9 ホラを吹くは釈迦の説法のこと
  •  10 摩訶不思議の境地
  •  11 仏教の空は無ではない
  •  12 平常心は日常心ではない

製品情報

製品名 仏教の真実
著者名 著:田上 太秀
発売日 2013年08月13日
価格 定価:814円(本体740円)
ISBN 978-4-06-288220-0
通巻番号 2220
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る