ニッポンの刑務所

講談社現代新書
ニッポンノケイムショ
ニッポンの刑務所
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

所内の一日、作業や食事の内容から、激増する行き場のない高齢者と外国人。
女性に増える覚醒剤。
新法で変わる受刑者の意識。
20年を超える取材から見えてきた、いまのニッポン。

目次

  • 第1章 刑務所基礎知識
  •  過剰収容問題/刑務所の一日/刑務所の教育・矯正指導/刑務所用語の変遷 etc. 
  • 第2章 男子刑務所のいま(横浜刑務所)
  •  深刻な高齢者の増大/塀の中の運動会/新米刑務官の悲哀/母のために覚醒剤をやめる/自称・プロの詐欺師の刑務所遍歴/生きるために賽銭泥棒で五回 etc.
  • 第3章 日本最大の刑務所(府中刑務所)
  •   累犯施設と初犯施設は違う/塀の中の国際対策室/塀の中から電話をかける/移送条約は特効薬になるのか/一九歳の少年受刑者との交換日記 etc.
  • 第4章 女子刑務所(東の栃木刑務所・西の和歌山刑務所)
  •  受刑者と幼子/半開放の女子刑務所/職業訓練でプロのエステティシャンを目指す/一〇代から八〇代までが共同生活/ひとたび制服を着れば、刑務官に変身/過剰収容日本一の和歌山刑務所/パンはお菓子で、プリンパンが人気 etc.
  • 第5章 一〇〇年の時を刻む(奈良少年刑務所)
  •  知は力なり/バランスを考えた献立/「気づき」という教育/就労支援と受け皿 etc.
  •     
  • 第6章 官民協働のハイテク刑務所(美祢社会復帰促進センター)
  •  再犯ゼロを目指す/スーパーAの受刑者たち/あまりにも居心地の良い環境/塀の中にも民営化の波/官民協働刑務所の背景 etc.
  • 第7章 少年院にて(和泉学園)
  •  少年院とシンクロナイズドスイミング/少年院の基礎知識/集会はしゃべり場/少年院は仮想家族 etc.
  • 第8章 名古屋刑務所事件と新法
  •   事件と法改正の経緯/監獄法と新法の違い/刑務所における自由と規律 etc.
  • 第9章 刑務官として生きる
  •   刑務官の生きがいとは/刑務官と受刑者のいま/女子刑務官の結婚 etc.

製品情報

製品名 ニッポンの刑務所
著者名 著:外山 ひとみ
発売日 2010年03月19日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288042-8
通巻番号 2042
判型 新書
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:外山 ひとみ(トヤマ ヒトミ)

静岡県富士市生まれ。
写真家、ジャーナリスト。
二〇歳で写真集『家』を出版しフリーランスに。一九九四年、小型バイクでインドシナ一万キロの旅を敢行し『ヴェトナム・ドリーム』(朝日ソノラマ)を発表。
九七年、写真展「ヴェトナム颱風」をヴェトナムと日本で同時開催。
九八年『MISS・ダンディー男として生きる女性たち』(新潮社)でドキュメンタリー写真大賞人物ルポ部門賞受賞。
二〇〇八年、世界最大写真集「Women of Vietnam」制作。

書店在庫を見る