経済成長という病―退化に生きる、我ら

講談社現代新書
ケイザイセイチョウトイウヤマイタイカニイキルワレラ
  • 電子あり
経済成長という病―退化に生きる、我ら
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この金融危機は我々に何を問いかけているか。2008年夏、一瞬にして祭りは終わった。新自由主義とはなんと薄っぺらいものだったのか。表層的な原因分析や処方箋を超えて、いま考えるべき危機の本質とは?(講談社現代新書)


この金融危機は私たちに何を問いかけているのか? 表層的な原因分析や処方箋を越えて、いま本当に考えなければならないことは? 不安に怯え、崩れゆく時代の必読書。緊急出版!

目次

  • 序章 私たちもまた加担者であった
  • 第1章 経済成長という神話の終焉
  • 第2章 溶解する商の倫理
  • 第3章 経済成長という病が作り出した風景
  • 終章 本末転倒の未来図

製品情報

製品名 経済成長という病―退化に生きる、我ら
著者名 著:平川 克美
発売日 2009年04月17日
価格 定価:814円(本体740円)
ISBN 978-4-06-287992-7
通巻番号 1992
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書
初出 「イスラムとは何でないかを証明する旅」は『環』(藤原書店発行)第32巻「エマニュエル・トッド特集」に発表したもの。「利便性の向こう側に見える風景」は、『Mobile Society Review/未来心理』(NTTドコモの研究誌である季刊)2008年3月11号に発表したもの。「直接的にか、間接的にか、あるいは何かを迂回して「かれ」を出会う」は『アキバ通り魔事件をどう読むか!?』(洋泉社)2008年に発表したもの。

著者紹介

著:平川 克美(ヒラカワ カツミ)

1950年東京生まれ。早稲田大学理工学部卒。
77年、外国語翻訳サービス、日米IT関連企業へのローカライズサービスを提供するアーバン・トランスレーションを設立。99年、アメリカ・サンノゼ市にビジネスサポート、インキュベーションを主業務とするBusiness Cafe,Inc.を設立。2000年にはビジネスカフェジャパンを、2001年にはリナックスカフェを設立し、現在、同社社長。
著書に『反戦略的ビジネスのすすめ』(洋泉社)、『東京ファイティングキッズ』(内田樹氏との共著、柏書房)、『株式会社という病』(NTT出版)などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る