飛天のごとく 下・動乱の巻

講談社X文庫ホワイトハート
ヒテンノゴトクゲドウランノマキ
  • 電子あり
飛天のごとく 下・動乱の巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

皇室、関白家、それぞれの陰謀が渦巻く平安末期。 性別を偽ったまま藤原頼長は、男として朝廷の乱れた秩序を戻そうと奔走していた。 そんなある日、初恋の人佐藤義清が僧、西行となって現れ、頼長は懐かしさに心が揺れる。綾が頼長だと知った西行も恋い慕う気持ちに変わりがなかった。政治を捨て女として生きるよう、西行は頼長に言うのだが。 保元の乱へと進む世の中、愛する二人の行く末は!?

目次

  • 序章
  • 第一章 再会
  • 第二章 光と影
  • 第三章 天の翳り
  • 第四章 保元の乱
  • 終章

製品情報

製品名 飛天のごとく 下・動乱の巻
著者名 著:宮乃崎 桜子 絵:浅見 侑
発売日 2009年04月29日
価格 定価:660円(本体600円)
ISBN 978-4-06-286595-1
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社X文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る