若草物語4 それぞれの赤い糸

青い鳥文庫
ワカクサモノガタリ4ソレゾレノアカイイト
  • 電子あり
若草物語4 それぞれの赤い糸
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ジョーとベア先生の楽しいプラムフィールド学園の生徒たち、メグやエイミーの子どもたちもすっかり大きくなりました。ナンは医者に、ナットは音楽家に、ダンは放浪の旅へ……。みんなそれぞれの道を見つけ、自分の人生を歩みはじめます。4巻つづいた「若草物語」は、このお話で幕を閉じます。家族や友だちをいつくしむ「若草」スピリットにあふれた、感動の最終巻です。


家族、友だち、そして、なにより大切なのは――。

ジョーとベア先生の楽しいプラムフィールド学園の生徒たち、メグやエイミーの子どもたちもすっかり大きくなりました。ナンは医者に、ナットは音楽家に、ダンは放浪の旅へ……。みんなそれぞれの道を見つけ、自分の人生を歩みはじめます。4巻つづいた「若草物語」は、このお話で幕を閉じます。家族や友だちをいつくしむ「若草」スピリットにあふれた、感動の最終巻です。

※小学中級から

目次

  • 十年後
  • パルナソス
  • 作家ジョーの受難
  • ダン
  • 夏休み
  • 別れの言葉
  • 子ヒツジとライオン
  • ジョージー、人魚を演ずる
  • トミー、婚約する
  • デミ、就職する
  • エーミールの感謝祭
  • ダンのクリスマス
  • ナットの新年
  • プラムフィールドの芝居
  • 待ちわびて
  • テニスコートで
  • プラムフィールドの乙女たち
  • 卒業祝いの日
  • 白いバラ
  • 命には命をもって
  • アスラウガの騎士
  • 最後の一幕
  • 訳者あとがき 谷口由美子

製品情報

製品名 若草物語4 それぞれの赤い糸
著者名 著:ルイザ.メイ・オルコット 訳:谷口 由美子 絵:藤田 香
発売日 2011年10月08日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-285252-4
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

著:ルイザ.メイ・オルコット(ルイザ.メイ・オルコット)

作家。1832年、アメリカ・ペンシルベニア州に4人姉妹の次女として生まれる。1854年はじめての小説『花のおとぎ話』を出版。1868年『若草物語』を出版、その好評にこたえ、『若草物語』の続編など、30編近い作品をのこす。1888年逝去。

訳:谷口 由美子(タニグチ ユミコ)

翻訳家。山梨県生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。アメリカに留学後、児童文学の翻訳を手がける。著書に『サウンド・オブ・ミュージック トラップ一家の物語』(講談社青い鳥文庫)、『大草原のローラに会いに-「小さな家」をめぐる旅』(求龍堂)ほか。主な訳書に『若草物語』、『秘密の花園』(以上、講談社青い鳥文庫)、『長い冬』などの「ローラ物語」(全5冊 岩波書店)、『青い城』(角川書店)ほか多数。

絵:藤田 香(フジタ カオリ)

関西出身。書籍、雑誌、ゲームなど、幅広く活躍した。挿し絵を手がけた本に、「黒魔女さんが通る!!」シリーズ、『若草物語』『秘密の花園』『聖書物語』(以上講談社青い鳥文庫)ほか多数。画集に『Fs5』がある。

おすすめの本

オンライン書店で見る