箱根駅伝 勝利の方程式 7人の監督が語るドラマの裏側

講談社+α文庫
ハコネエキデンショウリノホウテイシキナナニンノカントクガカタルドラマノウラガワ
  • 電子あり
箱根駅伝 勝利の方程式 7人の監督が語るドラマの裏側
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

はじめに

第1章 大八木弘明 監督
 駒澤大学
 “苦労人監督”が作り上げた王者・駒澤、強さの秘密

第2章 渡辺康幸 監督
 早稲田大学
 箱根のスターは早稲田復活の狼煙をあげた

第3章 酒井俊幸 監督
 東洋大学
 「無形の力」を生み出すチーム作りとは?

第4章 別府健至 監督
 日本体育大学
 最大の使命は「日体大のプライド」を取り戻すこと

第5章 上田誠仁 監督
 山梨学院大学
 新興校を強豪へ育て上げた名将の熱意を支えたもの

第6章 大後栄治 監督
 神奈川大学
 粘って粘って粘りぬく
 それが神奈川大のスタイルです

第7章 澤木啓祐
 順天堂大学
 箱根駅伝は、私の研究領域の集大成

文庫版あとがき

製品情報

製品名 箱根駅伝 勝利の方程式 7人の監督が語るドラマの裏側
著者名 著:生島 淳
発売日 2013年10月22日
価格 定価:770円(本体700円)
ISBN 978-4-06-281534-5
判型 A6変型
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 2008年に日刊スポーツ出版社から刊行された単行本「監督と大学駅伝」を改題し、大幅に改訂して文庫化したもの。

著者紹介

著:生島 淳(イクシマ ジュン)

1967年生まれ。スポーツライター、ジャーナリスト。
早稲田大学社会科学部卒業後、博報堂勤務を経て、スポーツライターへ。国内外を問わない取材、執筆活動のほか、ラジオパーソナリティとしても活躍。NHK-BSのBSスポーツニュースのキャスターも務める。
主な著書に『駅伝がマラソンをダメにした』(光文社新書)、『スポーツを仕事にする!』(ちくまプリマ-新書)、『愛は負けない 福原愛選手ストーリー』(学研)、『箱根駅伝』『箱根駅伝 新ブランド校の時代』(ともに幻冬舎新書)ほか。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る