ナポレオンが選んだ3人の女

講談社+α文庫
ナポレオンガエランダサンニンノオンナフランスコウテイノオオオク
  • 電子あり
ナポレオンが選んだ3人の女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

美貌、家柄、才能、女の実力は愛だけではない!宮廷と人生の真の勝利者は誰!?愛とプライドと富!19世紀、帝政フランス宮廷に生きた3人の女。パリ社交界のスター、ジョゼフィーヌ、ポーランドの名花マリー・ヴァレフスカ、そしてオーストリア皇帝の娘であるマリー・ルイーズ。愛と名誉と幸福を求めて波乱の時代を生き抜いた三者三様の華やかな軌跡。その陰にナポレオンの正統な後継者である少年の悲劇の人生が隠されていた。


美貌、家柄、才能……女の実力は愛だけではない!宮廷と人生の真の勝利者は誰!?
愛とプライドと富!

19世紀、帝政フランス宮廷に生きた3人の女。パリ社交界のスター、ジョゼフィーヌ、ポーランドの名花マリー・ヴァレフスカ、そしてオーストリア皇帝の娘であるマリー・ルイーズ。愛と名誉と幸福を求めて波乱の時代を生き抜いた三者三様の華やかな軌跡。しかし、その陰にナポレオンの正統な後継者である少年の悲劇の人生が隠されていた。

目次

  •  文庫版まえがき
  • 第一章 歴史に残る女っぷり“比類なきジョゼフィーヌ”
  •  あんたは王妃以上の人になるだろうよ
  •  ボーアルネ子爵との最初の結婚
  •  野イバラのごとき野性美を理解できなかった夫
  •  フランス革命勃発
  •  恐怖と官能の監獄生活
  •  思いがけぬ釈放
  •  パリ社交界に咲いた大輪のバラ
  •  形見の剣に誘われた運命の出会い
  •  大人の女の手練手管に翻弄される若き将軍
  •  アヴァンチュールのつもりだったのに……
  •  嘘で塗り固めた結婚式
  •  新婚二日目のイタリア遠征
  •  これで自由に遊び回れる!
  •  妻への恋に身をこがす戦場の夫

製品情報

製品名 ナポレオンが選んだ3人の女
著者名 著:川島 ルミ子
発売日 2006年04月22日
価格 定価:817円(本体743円)
ISBN 978-4-06-281015-9
判型 A6変型
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 ’95年1月に成星出版社から出版された『ナポレオンが愛した三人の女』を文庫化。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る