贖罪の奏鳴曲

講談社文庫
ショクザイノソナタ
  • 電子あり
  • 映像化
贖罪の奏鳴曲
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があった――。

目次

  • 第一章 罪の鮮度
  • 第二章 罰の跫音
  • 第三章 贖いの資格
  • 第四章 裁かれる者

製品情報

製品名 贖罪の奏鳴曲
著者名 著:中山 七里
発売日 2013年11月15日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-277666-0
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2011年に、講談社から刊行。

お知らせ・ニュース

映像化
TVドラマ|「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」 2019年12月7日よりフジテレビ系にて毎週土曜23:40~ 放送
原作:『贖罪の奏鳴曲』『追憶の夜想曲』『恩讐の鎮魂曲』『悪徳の輪舞曲』
著:中山七里

オトナの土ドラ「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」
出演:要潤、ベッキー、津田寛治、玄理、本村健太郎、奥菜恵、勝野洋 ほか

書店在庫を見る

オンライン書店で見る