死支度

講談社文庫
シニジタク
  • 電子あり
死支度
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

羽毛のかわりに女性の体毛をつめた寝具にくるまれて、死の国へ旅立つ……愛する妻に先立たれ、長い生をすごす老人は、途方もない計画に取り憑かれる。死を迎えんとした時、意志に反して救われ、病室に繋がれた自称百九歳の老人は妄執と現実とのあわいを、生と性の異世界を深く、しかし嬉々と彷徨う。傑作短編集。(講談社文庫)


老人の中に潜んでいた性と生の異界のステージ。

死を迎え入れようと決めた老人が語る、世にも奇妙な、生と性の物語。

夜の森が響かせる風の音のように心を揺さぶる、いまの勝目梓しか書けない小説。

羽毛のかわりに女性の体毛をつめた寝具にくるまれて、死の国へ旅立つ……愛する妻に先立たれ、長い生をすごす老人は、途方もない計画に取り憑かれる。死を迎えんとした時、意志に反して救われ、病室に繋がれた自称百九歳の老人は妄執と現実とのあわいを、生と性の異世界を深く、しかし嬉々と彷徨う。傑作短編集。

目次

  • 仙境
  • 幻の脚
  • アトリエ
  • 化身
  • 葉桜
  • 天の恵み
  • 六道の辻
  • 解説 成田守正

製品情報

製品名 死支度
著者名 著:勝目 梓
発売日 2013年07月12日
価格 定価:639円(本体581円)
ISBN 978-4-06-277586-1
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『スペッキヲ』2007年27号~2010年34号までに掲載されたものに、大幅加筆修正の上、2010年10月、小社より単行本として刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る