年に一度、の二人

講談社文庫
ネンニイチドノフタリ
  • 電子あり
年に一度、の二人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

医師の夫との偽りの結婚生活に疑問を感じながらも、1歩を踏み出せずにいる沙和子。そんな時、出張先の香港で門倉と出会う。強く惹かれあうが、互いを縛りつけることのできない2人が行き着いたのは「年に1度だけ、同じ日に、同じ場所で」という約束。電話番号もメールアドレスも知らない2人の、愛の姿を描く。(講談社文庫)


冬も春も夏も、10月の第3水曜日を待ち続ける……。ただ待つしかない。何もかも放り出して、あなたに会いに行けたら――。
解説/齋藤薫(美容ジャーナリスト/エッセイスト)

医師の夫との偽りの結婚生活に疑問を感じながらも、1歩を踏み出せずにいる沙和子。そんな時、出張先の香港で門倉と出会う。強く惹かれあうが、互いを縛りつけることのできない2人が行き着いたのは「年に1度だけ、同じ日に、同じ場所で」という約束。電話番号もメールアドレスも知らない2人の、愛の姿を描く。

目次

  • シャドウ
  • コンスタレーション
  • グリーンダイヤモンド

製品情報

製品名 年に一度、の二人
著者名 著:永井 するみ
発売日 2010年06月15日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-276599-2
判型 A6
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2007年3月に小社より刊行された。

オンライン書店で見る