白洲次郎 占領を背負った男(下)

講談社文庫
シラスジロウセンリョウヲセオッタオトコゲ
  • 電子あり
白洲次郎 占領を背負った男(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

少年のようにスポーツカーをこよなく愛した一方で、戦後いち早く日本の経済的独立を目指し通商産業省創設に奔走。ところが創設後はすっと身を引く。 全てが次郎の「紳士の哲学」であった。エッセイスト白洲正子とともに過ごした彼の人生を膨大な資料を基に解き明かす必読の白洲次郎評伝。(講談社文庫)


少年のようにスポーツカーをこよなく愛した一方で、戦後いち早く日本の経済的独立を目指し通商産業省創設に奔走。ところが創設後はすっと身を引く。 全てが次郎の「紳士の哲学」であった。エッセイスト白洲正子とともに過ごした彼の人生を膨大な資料を基に解き明かす必読の白洲次郎評伝。解説・櫻井よしこ。

目次

  • 巻き返し
  • ケーディスとの最終決着
  • 通商産業省創設
  • 只見川電源開発
  • 講和と独立
  • そして日の丸は再び揚がった
  • 素顔の白洲次郎
  • 日本一格好いい男
  • 葬式無用、戒名不用
  • あとがき
  • 白洲次郎関連年譜
  • 参考文献
  • 文庫版のあとがき
  • 目次〈上巻〉
  • 稀代の目利き
  • 育ちのいい生粋の野蛮人
  • ケンブリッジ大学クレア・カレッジ
  • 近衛文麿と吉田茂
  • 終戦連絡中央事務局
  • 憤死
  • “真珠の首飾り”──憲法改正極秘プロジェクト
  • ジープウェイ・レター
  • 「今に見ていろ」ト云フ気持抑ヘ切レス
  • 海賊と儒学者と実業家のDNA

製品情報

製品名 白洲次郎 占領を背負った男(下)
著者名 著:北 康利
発売日 2008年12月12日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-276260-1
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2005年8月に小社より刊行された単行本を文庫化に際して上下巻に分冊したもの。

著者紹介

著:北 康利(キタ ヤストシ)

昭和35年12月24日名古屋市生まれ、東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。現在、PHP総合研究所「次代を考える東京座会」メンバー、中央大学専門職大学院国際会計研究科客員教授。 著書に『ABS投資入門』(シグマベイスキャピタル)、『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』(講談社)、『子どものための偉人伝 福沢諭吉』『同行二人 松下幸之助と歩む旅』『匠の国日本 職人は国の宝、国の礎』『蘭学者川本幸民 近代の扉を開いた万能科学者の生涯』『九鬼と天心 明治のドンジュアンたち』(いずれもPHP研究所)等。

オンライン書店で見る