迫るアジア どうする日本の研究者 理系白書3

講談社文庫
セマルアジアドウスルニッポンノケンキュウシャリケイハクショ3
  • 電子あり
迫るアジア どうする日本の研究者 理系白書3
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

転落した科学技術国家・日本のこれからの戦略。弱いニッポンの再生法ーー2006年、中国人研究者の発表論文数は、米国に次いで世界2位となった。引用された論文数や引用回数では、まだ日本が多いものの、理学分野では、抜かれるのも時間の問題だ。工学分野においても、韓国をはじめとする電機メーカーに、シェアで抜かれている。日本人研究者は、いま何をすべきなのか?

製品情報

製品名 迫るアジア どうする日本の研究者 理系白書3
著者名 著:毎日新聞科学環境部
発売日 2009年01月15日
価格 定価:639円(本体581円)
ISBN 978-4-06-276257-1
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る