「理系」という生き方 理系白書2

講談社文庫
リケイトイウイキカタリケイハクショ2
  • 電子あり
「理系」という生き方 理系白書2
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

好奇心の芽を摘む文系教育の弊害。文系社会での生き方ーー日本では、理系と文系の選択を、高校でしなければならない。これは、受験に有利だからだ。その結果、大人の科学知識は欠如し、日本企業の技術力は低下している。給与・待遇が有利だと文系職種を選んだ理系卒業者は、文系カルチャーの企業社会のなかで、どう生きるのか。科学の意味を問う。

製品情報

製品名 「理系」という生き方 理系白書2
著者名 著:毎日新聞科学環境部
発売日 2007年12月14日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-275926-7
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る