火のみち(上)

講談社文庫
ヒノミチジョウ
  • 電子あり
火のみち(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

父が戦死し、戦後満州から引き揚げてきたどん底の生活の中で母まで亡くした南部次郎は、わずかな葬式費用の形に幼い妹を連れ去ろうとする男を撲殺してしまう。きょうだいは離散し服役中も渦巻く憤怒を抑える術すら知らない次郎は備前焼と出会い、ひたすら土を練ることで、ようやく心が鎮まっていく――。(講談社文庫)


次郎は、君子を守らなければならなかった。どんなことをしてでも。
殺人を犯した男の魂に救済はあるか。

父が戦死し、戦後満州から引き揚げてきたどん底の生活の中で母まで亡くした南部次郎は、わずかな葬式費用の形に幼い妹を連れ去ろうとする男を撲殺してしまう。きょうだいは離散し服役中も渦巻く憤怒を抑える術すら知らない次郎は備前焼と出会い、ひたすら土を練ることで、ようやく心が鎮まっていく――。

製品情報

製品名 火のみち(上)
著者名 著:乃南 アサ
発売日 2008年09月12日
価格 定価 : 本体714円(税別)
ISBN 978-4-06-276155-0
判型 A6
ページ数 488ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2004年8月に小社より刊行

オンライン書店で見る