人間は考えるFになる

講談社文庫
ニンゲンハカンガエルエフニナル
  • 電子あり
人間は考えるFになる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

文系教授(哲学)・土屋賢二と理系助教授(建築学)・森博嗣。発想も思考も思想も性質もまったく異なる2人が、6回にわたって行ったトークセッション。小説の書き方から大学の不思議、趣味の定義、友人は必要なのかという根源的な問いまでを軽妙かつ神妙に語りつくす。読むと学びたくなる絶妙「文理」対談! (講談社文庫)


超文系と超理系、こんなに違うものなのか!哲学教授と工学助教授。ヴィトゲンシュタインとコンクリート。専門も興味も異なる二人の対談集。土屋賢二の初短編小説も収録した、笑えて読むと元気になる一冊。

目次

絶妙「文理」対談
1 教授・助教授「書く」語りき
2 大学はやっぱりミステリィ(1)
3 大学はやっぱりミステリィ(2)
4 趣味は工作、コンピュータ
5 友達は必要か!?
6 (売れる)ミステリの書き方

短編小説
消えたボールペンの謎 土屋賢二
そこに論点があるか、あるいは何もないか 森 博嗣
Here is a talking point or nothing.

文庫版あとがき
対談の成果 土屋賢二
対談の思い出 森博嗣

製品情報

製品名 人間は考えるFになる
著者名 著:森 博嗣 著:土屋 賢二
発売日 2007年03月15日
価格 定価:583円(本体530円)
ISBN 978-4-06-275686-0
判型 A6
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2004年9月小社より刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る