論理学園事件帳 本格短編ベスト・セレクション

講談社文庫
ロンリガクエンジケンチョウホンカクタンペンベストセレクション
論理学園事件帳 本格短編ベスト・セレクション
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いまだ経験したことのない謎に震撼せよ!

次々と人間の手首を切断する事件の行方から、鸚鵡と死体のある密室や獄中推理合戦まで。とことん厳選した現代本格ミステリの至宝がひしめくアンソロジー。謎と解決の切れ味を堪能あれ。

<小説>
 「凱旋」――北村薫
 「彼女がペイシェンスを殺すはずがない」――大山誠一郎
 「曇斎先生事件帳 木乃伊とウニコール」――芦辺拓
 「百万のマルコ」――柳広司
 「目撃者は誰?」――貫井徳郎
 「腕貫探偵」――西澤保彦
 「GOTH リストカット事件」――乙一
 「比類のない神々しいような瞬間」――有栖川有栖
 「ミステリアス学園」――鯨統一郎
 「首切り監督」――霞流一
 「別れてください」――青井夏海
<評論>
 「論理の悪夢を視る者たち<日本篇>」――千街晶之
 「本格ミステリに地殻変動は起きているか?」――笠井潔

製品情報

製品名 論理学園事件帳 本格短編ベスト・セレクション
著者名 編:本格ミステリ作家クラブ
発売日 2007年01月05日
価格 定価 : 本体857円(税別)
ISBN 978-4-06-275623-5
判型 A6
ページ数 590ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’03年6月に小社ノベルスとして刊行された『本格ミステリ03』を改題。