出口のない海

講談社文庫
デグチノナイウミ
  • 電子あり
出口のない海
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

最終兵器「回天」が意味すること。
戦争とは、青春とは――。

人間魚雷「回天」。発射と同時に死を約束される極秘作戦が、第2次世界大戦の終戦前に展開されていた。ヒジの故障のために、期待された大学野球を棒に振った甲子園優勝投手・並木浩二は、なぜ、みずから回天への搭乗を決意したのか。命の重みとは、青春の哀しみとは――。ベストセラー作家が描く戦争青春小説。

青春の哀しみとは、命の重みとは――
横山秀夫が描く「戦争」がここにある。

目次

  • 序章
  • 1~48
  • 終章

製品情報

製品名 出口のない海
著者名 著:横山 秀夫
発売日 2006年07月14日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-275462-0
判型 A6
ページ数 360ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1996年にマガジン・ノベルス・ドキュメント『出口のない海』(作/横山秀夫、画/三枝義浩)として刊行された作品を全面改稿し、’04年8月に小社より単行本として刊行。

オンライン書店で見る