政治家と回想録

講談社文庫
セイジカトカイソウロク
  • 電子あり
政治家と回想録
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小泉さんにもぜひ書いてもらわなければ……。19人の弁明を採点する! 歴史の評価に耐えうる者はいったい誰なのか? 後世にむけての責任ーー政治家の最後の責任とは、なんだろうか? それは、回想録を残すことである、と著者は喝破する。彼らの決断は、後世の人々に対し、恥ずかしくないものだったのか。吉田茂、石橋湛山、佐藤栄作から村山富市まで、戦後の主要政治家19人の弁明を仔細に検討、それぞれが歴史に果たした役割を採点する、異色の戦後史。

製品情報

製品名 政治家と回想録
著者名 著:保阪 正康
発売日 2006年05月16日
価格 定価:985円(本体895円)
ISBN 978-4-06-275408-8
判型 A6
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’02年6月、原書房より単行本として刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る