時宗 巻の弐 連星

講談社文庫
トキムネマキノニレンセイ
  • 電子あり
時宗 巻の弐 連星
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

迫り来る蒙古。かつてない戦がはじまる。磐石の執権政治を確立し、幕府の結束を固めた北条時頼。だが、巨大騎馬国家・蒙古の王クビライが、海を越えこの国を狙う。かつてない戦さがはじまろうとしていた。天変地異続く巷では、法華経を説く日蓮が民の熱狂を呼ぶ。父の志を受け、真に国をまとめる者となれ。少年・時宗は若き棟梁として歩みだした。(講談社文庫)


迫り来る蒙古。
かつてない戦がはじまる。

磐石の執権政治を確立し、幕府の結束を固めた北条時頼。だが、巨大騎馬国家・蒙古の王クビライが、海を越えこの国を狙う。かつてない戦さがはじまろうとしていた。天変地異続く巷では、法華経を説く日蓮が民の熱狂を呼ぶ。父の志を受け、真に国をまとめる者となれ。少年・時宗は若き棟梁として歩みだした。

製品情報

製品名 時宗 巻の弐 連星
著者名 著:高橋 克彦
発売日 2003年04月15日
価格 定価 : 本体610円(税別)
ISBN 978-4-06-273724-1
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『放送文化』2000年6月号~同年11月号。単行本 2000年12月 日本放送出版協会刊。

オンライン書店で見る