時宗 巻の壱 乱星

講談社文庫
トキムネマキノイチランセイ
  • 電子あり
時宗 巻の壱 乱星
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

国を守り抜いた男を描く渾身の歴史巨編。源頼朝亡き後、北条氏に権力が移り抗争が続く鎌倉。若き北条時頼は、病に臥した兄の執権・経時に、棟梁になれと告げられた。北条を継ぐ者に安寧はない。地獄の道だ――。内部闘争に血を流しても、国のあるべき姿を求めねばならぬ。武家政治を築いた父子を描き、「国を守るとは」を問う巨編、ここにはじまる。(講談社文庫)


国を守り抜いた男を描く渾身の歴史巨編

源頼朝亡き後、北条氏に権力が移り抗争が続く鎌倉。若き北条時頼は、病に臥した兄の執権・経時に、棟梁になれと告げられた。北条を継ぐ者に安寧はない。地獄の道だ――。内部闘争に血を流しても、国のあるべき姿を求めねばならぬ。
武家政治を築いた父子を描き「国を守るとは」を問う巨編、ここにはじまる

製品情報

製品名 時宗 巻の壱 乱星
著者名 著:高橋 克彦
発売日 2003年04月07日
価格 定価 : 本体610円(税別)
ISBN 978-4-06-273723-4
判型 A6
ページ数 344ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『放送文化』1999年3月号~2000年5月号、単行本は2000年11月、日本放送出版協会刊。

オンライン書店で見る