昭和史 七つの謎

講談社文庫
ショウワシナナツノナゾ
  • 電子あり
昭和史 七つの謎
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

史実を知れば知るほど、調べれば調べるほど歴史の闇は深まる。真珠湾奇襲やソ連の侵攻、そして東京裁判の背後にはいったい何が蠢いていたのか? 卓抜な史眼の著者が資料の山にわけ入り、数多くの関係者の貴重な証言を基に昭和史に肉薄。文庫化にあたり新たに原武史氏との対談「昭和天皇の『謎』」も収めた。


過ぎ去ろうとしない「昭和」という時代

史実を知れば知るほど、調べれば調べるほど歴史の闇は深まる。真珠湾奇襲やソ連の侵攻、そして東京裁判の背後にはいったい何が蠢いていたのか? 卓抜な史眼の著者が資料の山にわけ入り、数多くの関係者の貴重な証言を基に昭和史に肉薄。文庫化にあたり新たに原武史氏との対談「昭和天皇の『謎』」も収めた。

目次

  • まえがき
  • 第1話 日本の〈文化大革命〉は、なぜ起きたか?
  • 第2話 真珠湾奇襲攻撃で、なぜ上陸作戦を行わなかったか?
  • 第3話 戦前・戦時下の日本のスパイ合戦は、どのような内容だったか?
  • 第4話 〈東日本社会主義人民共和国〉は、誕生しえたか?
  • 第5話 なぜ陸軍の軍人だけが、東京裁判で絞首刑になったか?
  • 第6話 占領下で日本にはなぜ反GHQ地下運動はなかったか?
  • 第7話 M資金とは何をさし、それはどのような戦後の闇を継いでいるか?
  • 番外篇 昭和天皇の「謎」 保阪正康 原 武史

製品情報

製品名 昭和史 七つの謎
著者名 著:保阪 正康
発売日 2003年01月15日
価格 定価:649円(本体590円)
ISBN 978-4-06-273646-6
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は’00年1月、小社から単行本刊行されたものに、文庫化にあたり原武史氏(明治学院大学助教授)との対談を新たに収録したものです。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る