イベリアの雷鳴

講談社文庫
イベリアノライメイ
著:逢坂 剛 解説:真保 裕一
  • 電子あり
イベリアの雷鳴
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

総統暗殺!?1940年。内戦の痛手いまだ癒えぬスペインでは、フランコ殺害を企む一派が活動を続けていた。ジブラルタルを巡り、日英独の諜報戦が熾烈を極めるマドリードに現れた日系ペルー人の宝石商・北都昭平は、やがて激動する歴史の渦へと巻き込まれていく。苛烈な闘いを緻密に描くエスピオナージ。


緻密に描く苛烈な日英独の大諜報戦

総統暗殺!?1940年。内戦の痛手いまだ癒えぬスペインでは、フランコ殺害を企む一派が活動を続けていた。ジブラルタルを巡り、日英独の諜報戦が熾烈を極めるマドリードに現れた日系ペルー人の宝石商・北都昭平は、やがて激動する歴史の渦へと巻き込まれていく。
苛烈な闘いを緻密に描くエスピオナージ。

目次

  • プロローグ
  • イベリアの雷鳴
  • エピローグ

製品情報

製品名 イベリアの雷鳴
著者名 著:逢坂 剛 解説:真保 裕一
発売日 2002年06月14日
価格 定価 : 本体952円(税別)
ISBN 978-4-06-273449-3
判型 A6
ページ数 720ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『週刊現代』’97年9月6日号~’98年11月14日号に加筆訂正。’99年6月、講談社より単行本として刊行。

オンライン書店で見る