揚羽の蝶 半次捕物控(下)

講談社文庫
アゲハノチョウハンジトリモノヒカエゲ
  • 電子あり
揚羽の蝶 半次捕物控(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“いが茄子男”を探しているつもりが、岡山藩のお家騒動に利用されていた岡っ引半次。岡山到着直後に捕縛されたが間一髪で脱出し、江戸へ戻った半次は真相究明に執念を燃やす。だが将軍家をも巻き込む継嗣争いが激化する中、半次の娘お美代が攫(さら)われる。権力に翻弄されながらも追跡を続ける半次、痛快捕物帳! (講談社文庫)


陰謀渦巻く中の執念の追跡劇を描く傑作長編水面下で混迷をきわめる松平家の継嗣争い。求むべきは血の濃さか、将軍家とのつながりか。密計の黒い糸を手繰っては翻弄される半次の前に立ちはだかるものとは。

目次

  • 第八章 八幡宮縁の下
  • 第九章 お美代の命
  • 第十章 それぞれの追跡
  • 第十一章 いが茄子男
  • 第十二章 密殺
  • 第十三章 消える手がかり
  • 第十四章 不思議な縁

製品情報

製品名 揚羽の蝶 半次捕物控(下)
著者名 著:佐藤 雅美
発売日 2001年12月14日
価格 定価:713円(本体648円)
ISBN 978-4-06-273330-4
判型 A6
ページ数 376ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は学芸通信社の配信により、秋田魁新報(’95年12月7日~’96年10月2日)、山形新聞、長野日報、山梨日日新聞、東奥日報、南日本新聞、福井新聞等に順次連載されたもの。’98年9月に講談社より単行本として刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る