最強の武道とは何か

講談社+α新書
サイキョウノブドウトハナニカ
最強の武道とは何か
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 全日本人、いや世界中の人間が知りたい永遠のテーマ、それは「最強の武道」――地上最強と謳われた極真空手の創設者、大山倍達の最後の内弟子にして「碧い目のサムライ」と呼ばれたK-1ファイター、著者が自分の肉体を的に実地に体験した結果を全報告! 極真、沖縄空手、柔道、相撲、合気道、剣道、弓道、あるいはK-1……最強の武道とは何か!?


 全日本人、いや世界中の人間が知りたい永遠のテーマ、それは「最強の武道」――地上最強と謳われた極真空手の創設者、大山倍達の最後の内弟子にして「碧い目のサムライ」と呼ばれたK-1ファイター、著者が自分の肉体を的に実地に体験した結果を全報告!
 極真、沖縄空手、柔道、相撲、合気道、剣道、弓道、あるいはK-1……最強の武道とは何か!?

目次

  • 第1章 極真――大山倍達のケンカ哲学
  • 第2章 K-1――武道かスポーツか
  • 第3章 空手――武器に変わる身体
  • 第4章 柔道――「一本」の極意
  • 第5章 相撲――「基本の完成型」が作る品格
  • 第6章 合気道――神秘の技を支配する科学
  • 第7章 剣道――侍の心が作る強さ
  • 第8章 弓道――無心が生む力
  • 終 章 真に強い人の条件

製品情報

製品名 最強の武道とは何か
著者名 著:ニコラス・ペタス
発売日 2013年08月21日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-272813-3
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:ニコラス・ペタス(ニコラス・ペタス)

ニコラス・ペタス(Nicholas Pettas) 

 1973年、デンマークに生まれる。空手家。キックボクサー。
1988年、極真会館デンマーク支部への入門。1991年、極真会館総裁・大山倍達の最後の内弟子となる。この「大山倍達最後の内弟子」は、「碧い目のサムライ」とともに、ペタスのキャッチフレーズになる。1998年よりK-1に参戦。2001年に行われたK-1 JAPAN GP 2001では、決勝戦で武蔵を破り日本王者となる。その他の主な戦歴は、1995年、全ヨーロッパ空手道選手権重量級優勝、1995年、第6回全世界空手道選手権大会5位、1997年、全世界ウェイト制空手道選手権大会重量級3位、1999年、第7回全世界空手道選手権大会5位など。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス