クラシック音楽は「ミステリー」である

講談社+α新書
クラシックオンガクハミステリーデアル
  • 電子あり
クラシック音楽は「ミステリー」である
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「言葉」を知ったら、今までは単に「声の羅列」にしか聞こえなかったものが、ジョークだったり、笑い話だったり、怪談だったり(猥談だったり)、ミステリーだったりすることに気付くように、音楽の裏には思いもかけない「世界」が転がっている。※本書は、2006年4月よりインターネット上に連載中のブログ「月刊 クラシック音楽探偵事務所」から抜粋し、書籍化にあたり加筆・再構成した作品です。


音楽はその仕掛けを知ったら、さらに面白い、全く別の世界が見えてくる。「言葉」を知ったら、今までは単に「声の羅列」にしか聞こえなかったものが、ジョークだったり、笑い話だったり、怪談だったり(猥談だったり)、ミステリーだったりすることに気付くように、音楽の裏には思いもかけない「世界」が転がっていることだってあるわけなのだ。 例えば、ただのきれいなピアノ曲だと思って聴いていた音楽が、実は暗号で書かれたラブレターだったとしたら? 架空の世界の夢物語と思っていたオペラが、実は、現実に起きた事件をそのまま描いた告発劇だったとしたら?  きれいな音楽を書いている作曲家が、実は、ひそかに連続殺人を企てていて、その計画が交響曲に組み込まれているとしたら? (「はじめに」より)

製品情報

製品名 クラシック音楽は「ミステリー」である
著者名 著:吉松 隆
発売日 2009年12月23日
価格 定価:922円(本体838円)
ISBN 978-4-06-272625-2
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社+α新書
初出 2006年4月号よりインターネット上に連載中のブログ「月刊 クラシック音楽探偵事務所」から抜粋し、書籍化にあたり加筆・再構成した作品。

著者紹介

著:吉松 隆(ヨシマツ タカシ)

よしまつ・たかし―1953年、東京都に生まれる。作曲家。慶應義塾大学工学部中退後、独学で作曲を学ぶ。1981年「朱鷺によせる哀歌」でデビュー。以後、いわゆる「現代音楽」の非音楽的傾向に異を唱え、調性やメロディを復活させた「現代音楽撲滅運動」および「世紀末抒情主義」を主唱。1998年に英国の音楽レーベル、シャンドスと契約し、交響曲5曲を含む全オーケストラ作品が海外にも発信されている。 著書には『図解 クラシック音楽大事典』『空耳! クラシック名曲ガイド』(以上、学習研究社)、『魚座の音楽論』『世紀末音楽ノオト』(以上、音楽之友社)、『夢みるクラシック交響曲入門』(ちくまプリマー新書)などがある。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る