ピノキオ

絵本
ピノキオコクサイバンディズニーメイサクコレクション
解説・文:とき ありえ
ピノキオ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「ピノキオ」の原作は、演劇評論家として活躍したイタリアのコッローディ(1826~1890)による児童文学です。本当の勇気とはなにか、良心に従うことの大切さなど、主題はたいそう教育的ですが、木のあやつり人形が動くという設定は文句なしにおもしろく、説教くささを感じさせないお話となっています。ピノキオが誘惑にまけて遊びくらすのも、説教のためのエピソードというより、じつはお話の中でもっともわくわくするところであり、悪の楽しみを本の中で味わうということが、逆にまっすぐな心を育てるという、教育的なパラドックスにもなっています。ディズニーによる長編アニメーション化は1940年。かなり初期の作品といえますが、立体感と奥行きを生む画像処理など、当時の最新の技術を駆使して、画期的な映像となりました。主題歌「星に願いを」は、いまだに歌いつがれている名曲であり、ディズニー作品初のアカデミー主題歌賞を受賞しました。――ときありえ

製品情報

製品名 ピノキオ
著者名 解説・文:とき ありえ
発売日 2001年02月27日
価格 定価:858円(本体780円)
ISBN 978-4-06-270714-5
判型 B5
ページ数 48ページ

著者紹介

書店在庫を見る