ピノキオ

ピノキオ
文・構成:斎藤 妙子
ピノキオ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 木工職人のゼペットさんは、あまった木で操り人形を作り、ピノキオと名付けました。
 ゼペットさんは、ピノキオを操りながら、「人間の男の子だっったらなあ」と思っていました。
 そんな時、女神のブルー・フェアリーがやってきて、操り糸なしでも、動けるようにしてくれたのです。ただ、まだ木の人形であることは、変わりません。
 ピノキオが、人間の男の子になるためには、うそをつかず、勇気のあるおこないをしなければ、いけないのです。
 ジミニー・クリケットが、ピノキオを見守ることを、女神から頼まれました。
 ところが、ピノキオは、学校に行くとなると、悪い2人組のギデオンとJ・ワシントン・ファウルフェローについて行ってしまいます......。

(C)Disney

製品情報

製品名 ピノキオ
著者名 文・構成:斎藤 妙子
発売日 2013年02月28日
価格 定価:本体450円(税別)
ISBN 978-4-06-269626-5
判型 変型ミニ
ページ数 26ページ
シリーズ ディズニーえほん文庫

著者紹介

書店在庫を見る