律令国家の転換と「日本」

ニホンノレキシ05リツリョウコッカノテンカントニホン
律令国家の転換と「日本」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

摂関と受領の誕生、古代社会の再編
平安遷都、帝国はいかに変容したか

桓武天皇による長岡京、平安京への相次ぐ遷都。天皇の権威が確立する一方で、藤原氏北家も朝廷に地歩を固め、摂関制度が成立する。地方では伝統的な郡司層が没落し、国司長官の受領化が進展。9世紀、国家体制は大きな転機を迎える。

製品情報

製品名 律令国家の転換と「日本」
著者名 著:坂上 康俊
発売日 2001年03月08日
価格 定価 : 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4-06-268905-2
判型 四六変型
ページ数 380ページ